癒される「緑茶」の魅力を知ろう!

緑茶は、私たち日本人にとって馴染みのあるお茶であり、古くから伝統と結びついています。緑茶の茶葉は、チャノキから作られ、収穫後すぐに加熱処理され、発酵することなく作られます。

普段であれば、仕事の休憩時間や来客時に緑茶を飲むことが多いですよね。小さな急須に茶葉を入れてお湯を注ぎ、数分間抽出して飲みます。昔ながらのレストランや和食店では、席に着くとすぐに緑茶が無料で提供され、食事には欠かせないものとなっています。

緑茶は、単なる温かい飲み物ではなく、純粋さ、静けさ、尊敬、調和を表しています。実は、緑茶は、9世紀に中国から持ち込まれ、当時の武士階級にとってのステータスのシンボルでした。現在もある「緑茶の日」は、立春から数えて88日目、通常は5月1日か2日に当たります。この日は、茶葉が最も新鮮で、幸運をもたらすと信じられています。

緑茶の種類

緑茶にもさまざまな種類があるってご存知ですか?最もポピュラーなのは煎茶で、茶葉を蒸して冷ました後、乾燥させて包装したものです。その次は番茶で、煎茶の収穫後に収穫された葉を使っている点が異なるだけで、製法は煎茶と同じです。

また、収穫前の3週間、日陰で育った葉から作られる緑茶が「玉露」です。これに似たものに「碾茶」がありますが、こちらは煎茶と違って茶葉を崩さずに蒸したものです。

緑茶と健康

しばしば私たちはお茶の力を信じて、単なる飲む楽しみよりも、その治療効果を重視します。そのため、体調が悪いときにもお茶を飲みますし、風邪をひいたときには、緑茶に塩を加えて飲みます。

緑茶にはビタミンCが含まれているので、血管や循環器系を強化し、細菌を追い払う力があると言われています。また、強力な抗酸化物質であるカテキンも含まれており、細胞の老化や高血圧、糖尿病などを予防すると考えられています。